実演販売師

実演販売師ドットコムは、実演販売師が法令の範囲で許容される物、情報、手法、技術など、あらゆる販売の案件に対応します。その他、実演販売師の登録、実演販売師の紹介、商材の販促企画、WEB動画配信、ライブ配信、総合コンサルティングなどを専門とする実演販売師の公式サイトです。

ライブ配信、出張にかかわらず実演販売師に販売を依頼したい商材はお任せください。

ご要望の商材、企画に合わせて販売促進のお手伝いをさせていただきます。

実演販売師は「いじめ」犬猫殺処分撲滅活動に貢献いたします

友だち追加

実演販売師ニュース

実演販売師が「いじめ」対策に

2018年、「いじめ」に係る対策について実演販売師が「術」の提供をしてゆくことで決定した。実演販売には「販売」という文言が含まれているため「モノ」の販売に限定されるイメージがある。しかし実演販売師の「実演」は、経験則に基づくもので、数値化できる根拠もある。今後実演販売師は、あらゆる有体物、無体物の販売と調査について積極的に活動してゆく方針。「いじめ」公式サイト(いじめドットコム)は同年5月ごろ開設予定としている。

2018年01月15日

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、更なる向上に努めて参りますので
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

2018年01月01日

年末年始休業のお知らせ

拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、年末年始の休業日につきまして、下記のとおりお知らせいたします。
ご了承いただきますようお願い申し上げます。来年もご愛顧いただきますようお願いいたしまして、年末のご挨拶かたがた休業のお知らせまで申し上げます。
                               敬具
                 記

平成29年12月29日(金曜日)~平成30年1月5日(金曜日)
※休暇中、緊急案件のお問合わせにつきましては随時お受けしております

2017年12月25日

メルカリ、法人向けにライブ配信機能を開放

フリマアプリ「メルカリ」において法人企業向けに一部機能を開放すると発表。今回解放されたのは、「メルカリ」アプリ内でライブ配信を行い商品の販売や購入ができる機能「メルカリチャンネル」。7月6日にリリースした同機能は視聴者と販売者がコメントやリアクションを通して相互にコミュニケーションがとれること写真や文章だけでは伝わらない商品のイメージがライブ配信動画を通して伝わることが好評で急速に成長。ライブ配信の特長を活かし、法人企業ならではの商品や製品開発の過程など、ユーザーが楽しめるコンテンツの拡充を目指し同社は「メルカリ」内での法人企業利用の「特区」として、機能を開放した。

2017年11月30日

あたらしい社会貢献のスタイル。

実演販売師は2018年始動予定の某ドットコムサイトが企画する社会貢献に参加することを決定した。このサイトがどのようなスタイルで社会に貢献できるかが注目される。実演販売師は法的な精査も含めて社会的モラルを維持する販売方針を行なうとして企画している。

2017年09月16日

2018年 実演販売師の新規性を有する構造

2018年実演販売師は最新のデジタル事情に対抗するのではなく、寧ろ融合してゆく方針で決定した。そもそも実演販売という人為的労力を必要とするやり方が昨今の所謂若者に受け入れられえる可能性が低いことを認識したうえでの企画であるが、なんでもボタン一つで可能にする時代だからこそアナログではあるが実演販売師の術を融合させてゆきたいという。実演販売師の術には、人間性、感受性、認識力、表現力、電気学など多種能力を必要とする。今後実演販売師ドットコムは現代という環境で成長した要件不足の若者たちに、若者たちの常識に干渉しないようなかたちで磨きをかける企画を開始する。

2017年09月10日

実演販売師が無体物の実演販売に挑戦

販売しようとする物(もの)には民法上有体物或いは無体物、その他特異な物を含めると相当数に分類することができる。昨今実演販売のやり方については実物を示して実際に使用するといった方法がほとんどであり、消費者からすれば実際に目の前で実演してくれることが販売しようとする商品の信憑性を高めているともいえる。事実テレビなどの通信販売で商品を購入したのだが、実際に商品が届いてみると想像していたものとは違うという声も少なくない。今後実演販売師ドットコムは消費者が支払う対価に相応しい商品の提供はもちろんのことであるが、対価以上のサプライズ的要素を十分に満たすことを要件に実演販売師による無体物の販売に挑戦する。法的精査が必要であるが成立すれば実演販売師の販売領域は大きく変化することになる。

2017年09月08日

実演販売師を実演販売するアプリ開発

実演販売師ドットコムは、まもなく到来するであろうスマートホンによる通信販売に係る構造の進展に対応できるように実演販売師を実演販売してしまうというアプリケーションの開発を進めている。このアプリケーションの特徴や構造については非公開としているが近日法的精査も含めて実際にアプリケーションの試験に入る予定。

2017年09月07日

潜入型詐欺師/犯罪防止と商標

明日からあなたは「00000」です。そのような肩書を取得できるとしたらいったい何ができるのだろうか。善に生きる者であればその肩書きを活用して業として使用し、貢献するのであろう。しかしな悪に生きる者であればその肩書きを乱用して、あたかも業であるかのように装い悪用するであろう。潜入型詐欺の特徴として被害金額が高額でないことや被害の事実を公にすることで出店側のイメージダウンにつながりかねないとして実際に被害が発生しても被害届が出されないという。それが所謂潜入型詐欺だ。その犯罪の構造は極めて簡易なものであり、単に肩書き入りの名刺を作成して企業に潜入して商品、売上、企業情報などを物色するという手口だ。特に多くみられる業としては商品や金銭を一時的にでも預けたり、クライアント社内の出入りを許可せざるを得ないタイプに多くみられる。詐欺被害に気がついたクライアントは犯人が逃走後、犯行者の履歴書や名刺の情報をもとに調べてはみるものの、ほとんどが事実でない情報であり名刺の肩書についてもそのような資格が存在しなかったり管理されていないことが多い。今後企業においては雇用しようとする者の身元や資格が認定されているのか確認が必要である。

2017年09月05日

実演販売師の術に対応できないAI技術

昨今のAI(artificial intelligence)技術は目を見張るほどの進化であり非常に需要が多い。その背景には音声認識技術からはじまりあらゆる部位の認識をデジタル処理することによるデーターの積み上げとパターによる指示に他ならない。この技術は今後あらゆる場所で不便な行為を便利にしてゆき、ひな形で処理できてしまう職業を脅かすことになることはまちがいないだろう。AIを含め所謂ロボットは人の感情や考えていることを検知して大量のデーターから適切なコマンドを選択して音声や動きに変換している単なる機械だが、例えば苦痛であるとかストレスといった感は感知できてもロボットが人のように感受して対応することは現段階では難しいという。実演販売師としては、先般実演販売機の開発を進めるチームと対話した中でAI実演販売機が、所謂「大阪のコテコテのおばちゃんを唸らせて購入させることができるレベルなのであれば応用次第で使用できるかもしれない」と言及した。

2017年09月04日
» 続きを読む