実演販売師が無体物の実演販売に挑戦

販売しようとする物(もの)には民法上有体物或いは無体物、その他特異な物を含めると相当数に分類することができる。昨今実演販売のやり方については実物を示して実際に使用するといった方法がほとんどであり、消費者からすれば実際に目の前で実演してくれることが販売しようとする商品の信憑性を高めているともいえる。事実テレビなどの通信販売で商品を購入したのだが、実際に商品が届いてみると想像していたものとは違うという声も少なくない。今後実演販売師ドットコムは消費者が支払う対価に相応しい商品の提供はもちろんのことであるが、対価以上のサプライズ的要素を十分に満たすことを要件に実演販売師による無体物の販売に挑戦する。法的精査が必要であるが成立すれば実演販売師の販売領域は大きく変化することになる。

2017年09月08日