現代に適応した新規性を有する実演販売始動決定。

文化とともに歩んできた実演による販売方法。昨今なんでも自動化が進む一方で「最終的には人である」という企業の声が絶えない状況にある。確かに人は時代背景にあわせて、例えば自動販売機のような自動化を推奨して開発を進めてきた。しかし、仮に自動化が今後も進化したとしても自動動作の指示や設定は最終的に人が行うことになる。そして忘れてはいけないのは購入者は人であること。今後実演販売の舞台設定は変化してゆくのかもしれないが基本的に実演販売師の術に変わりはなく、実演販売師が台本というプログラムを採用しない限り実演販売に機械化はありえないと断言する。

2017年08月25日