ニュース一覧

実演販売師が「いじめ」対策に

2018年、「いじめ」に係る対策について実演販売師が「術」の提供をしてゆくことで決定した。実演販売には「販売」という文言が含まれているため「モノ」の販売に限定されるイメージがある。しかし実演販売師の「実演」は、経験則に基づくもので、数値化できる根拠もある。今後実演販売師は、あらゆる有体物、無体物の販売と調査について積極的に活動してゆく方針。「いじめ」公式サイト(いじめドットコム)は同年5月ごろ開設予定としている。

2018年01月15日

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、更なる向上に努めて参りますので
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

2018年01月01日

年末年始休業のお知らせ

拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、年末年始の休業日につきまして、下記のとおりお知らせいたします。
ご了承いただきますようお願い申し上げます。来年もご愛顧いただきますようお願いいたしまして、年末のご挨拶かたがた休業のお知らせまで申し上げます。
                               敬具
                 記

平成29年12月29日(金曜日)~平成30年1月5日(金曜日)
※休暇中、緊急案件のお問合わせにつきましては随時お受けしております

2017年12月25日

メルカリ、法人向けにライブ配信機能を開放

フリマアプリ「メルカリ」において法人企業向けに一部機能を開放すると発表。今回解放されたのは、「メルカリ」アプリ内でライブ配信を行い商品の販売や購入ができる機能「メルカリチャンネル」。7月6日にリリースした同機能は視聴者と販売者がコメントやリアクションを通して相互にコミュニケーションがとれること写真や文章だけでは伝わらない商品のイメージがライブ配信動画を通して伝わることが好評で急速に成長。ライブ配信の特長を活かし、法人企業ならではの商品や製品開発の過程など、ユーザーが楽しめるコンテンツの拡充を目指し同社は「メルカリ」内での法人企業利用の「特区」として、機能を開放した。

2017年11月30日

あたらしい社会貢献のスタイル。

実演販売師は2018年始動予定の某ドットコムサイトが企画する社会貢献に参加することを決定した。このサイトがどのようなスタイルで社会に貢献できるかが注目される。実演販売師は法的な精査も含めて社会的モラルを維持する販売方針を行なうとして企画している。

2017年09月16日

2018年 実演販売師の新規性を有する構造

2018年実演販売師は最新のデジタル事情に対抗するのではなく、寧ろ融合してゆく方針で決定した。そもそも実演販売という人為的労力を必要とするやり方が昨今の所謂若者に受け入れられえる可能性が低いことを認識したうえでの企画であるが、なんでもボタン一つで可能にする時代だからこそアナログではあるが実演販売師の術を融合させてゆきたいという。実演販売師の術には、人間性、感受性、認識力、表現力、電気学など多種能力を必要とする。今後実演販売師ドットコムは現代という環境で成長した要件不足の若者たちに、若者たちの常識に干渉しないようなかたちで磨きをかける企画を開始する。

2017年09月10日

実演販売師が無体物の実演販売に挑戦

販売しようとする物(もの)には民法上有体物或いは無体物、その他特異な物を含めると相当数に分類することができる。昨今実演販売のやり方については実物を示して実際に使用するといった方法がほとんどであり、消費者からすれば実際に目の前で実演してくれることが販売しようとする商品の信憑性を高めているともいえる。事実テレビなどの通信販売で商品を購入したのだが、実際に商品が届いてみると想像していたものとは違うという声も少なくない。今後実演販売師ドットコムは消費者が支払う対価に相応しい商品の提供はもちろんのことであるが、対価以上のサプライズ的要素を十分に満たすことを要件に実演販売師による無体物の販売に挑戦する。法的精査が必要であるが成立すれば実演販売師の販売領域は大きく変化することになる。

2017年09月08日

実演販売師を実演販売するアプリ開発

実演販売師ドットコムは、まもなく到来するであろうスマートホンによる通信販売に係る構造の進展に対応できるように実演販売師を実演販売してしまうというアプリケーションの開発を進めている。このアプリケーションの特徴や構造については非公開としているが近日法的精査も含めて実際にアプリケーションの試験に入る予定。

2017年09月07日

潜入型詐欺師/犯罪防止と商標

明日からあなたは「00000」です。そのような肩書を取得できるとしたらいったい何ができるのだろうか。善に生きる者であればその肩書きを活用して業として使用し、貢献するのであろう。しかしな悪に生きる者であればその肩書きを乱用して、あたかも業であるかのように装い悪用するであろう。潜入型詐欺の特徴として被害金額が高額でないことや被害の事実を公にすることで出店側のイメージダウンにつながりかねないとして実際に被害が発生しても被害届が出されないという。それが所謂潜入型詐欺だ。その犯罪の構造は極めて簡易なものであり、単に肩書き入りの名刺を作成して企業に潜入して商品、売上、企業情報などを物色するという手口だ。特に多くみられる業としては商品や金銭を一時的にでも預けたり、クライアント社内の出入りを許可せざるを得ないタイプに多くみられる。詐欺被害に気がついたクライアントは犯人が逃走後、犯行者の履歴書や名刺の情報をもとに調べてはみるものの、ほとんどが事実でない情報であり名刺の肩書についてもそのような資格が存在しなかったり管理されていないことが多い。今後企業においては雇用しようとする者の身元や資格が認定されているのか確認が必要である。

2017年09月05日

実演販売師の術に対応できないAI技術

昨今のAI(artificial intelligence)技術は目を見張るほどの進化であり非常に需要が多い。その背景には音声認識技術からはじまりあらゆる部位の認識をデジタル処理することによるデーターの積み上げとパターによる指示に他ならない。この技術は今後あらゆる場所で不便な行為を便利にしてゆき、ひな形で処理できてしまう職業を脅かすことになることはまちがいないだろう。AIを含め所謂ロボットは人の感情や考えていることを検知して大量のデーターから適切なコマンドを選択して音声や動きに変換している単なる機械だが、例えば苦痛であるとかストレスといった感は感知できてもロボットが人のように感受して対応することは現段階では難しいという。実演販売師としては、先般実演販売機の開発を進めるチームと対話した中でAI実演販売機が、所謂「大阪のコテコテのおばちゃんを唸らせて購入させることができるレベルなのであれば応用次第で使用できるかもしれない」と言及した。

2017年09月04日

実演販売師用品を貸し出し開始

実演販売師ドットコムは実演販売師が実演販売を実施する際に必要な用品や計器などを貸し出すシステムを構成するためにイベント夢21法人と提携する方針。実演販売の定番でもある法被やメガホンなど、どこでも入手できるものが対象であり、実演販売師育成講座に使用される特殊機材(計器)などは対象外とした。特殊器材を貸し出さない理由として育成講座を受けていない者に仮に貸し出しても使いこなすことができないからとしている。

2017年09月01日

実演販売師にヤマハ株式会社(YAMAHA)旧機器を採用

2018年、実演販売師の育成並びに実演販売現場いおいてヤマハ株式会社(YAMAHA)の機器を採用することで決定した。この機器はヤマハ株式会社が以前販売していたものであるが現在では製造も販売もされていない。実演販売師の育成並びに実演販売現場でこの機器がどのように使用されるのか注目される。担当者の話ではこの機器は旧式ではあるが非常によく考えて開発されていると絶賛する。またこの機器は乾電池でも使用することができて屋外で電源が確保できない場所でも使用が可能であるという。実演販売の基本を学ぶうえで非常に便利であり、場所や環境が常に変化する実演販売の現場では極めて有効な機器であるという。

2017年08月30日

実演販売師と法律

実演販売師ドットコムは、昨今の通販事情や日本国の販売力に係る軟弱性に危惧し、生産力よりも販売力に重点を置いている。その中でも今後需要が見込める方法としてインターネットのメディアをフルスペックで活用する、新世代型の実演販売師の育成である。そもそも実演とは「実際にやって見せること」という意味であるが、実演販売したくても法的にできない内容や、物理的に不可能なモノもある。しかしそこを可能としてゆくのが新世代型の実演販売師である。実演販売の文化は露店による販売から始まり現代に至る。実演販売師ドットコムはコンプライアンスの課題も含めてこのクリアランスを満たす企画を開始することで決定した。

2017年08月29日

実演販売師 VS 実演販売機

2019年に「実演販売機」の実用化を目指す某人社製作所。実演販売に係る数値を設定して人にかわって販売を促進することができるという。実演販売師はこの販売機に、人が人に行う実演販売術は不可能であると指摘したうえで、昨今の一私人が所有する端末のスペックや連携性を考えれば使い方により共栄することができるかもしれないと期待している。今後実演販売の技術をデータ化するため実演販売師は製作所に協力することを約束した。実演販売師VS実演販売機のコラボレーション販売を実現することができるのか技術分野において注目される。

2017年08月26日

現代に適応した新規性を有する実演販売始動決定。

文化とともに歩んできた実演による販売方法。昨今なんでも自動化が進む一方で「最終的には人である」という企業の声が絶えない状況にある。確かに人は時代背景にあわせて、例えば自動販売機のような自動化を推奨して開発を進めてきた。しかし、仮に自動化が今後も進化したとしても自動動作の指示や設定は最終的に人が行うことになる。そして忘れてはいけないのは購入者は人であること。今後実演販売の舞台設定は変化してゆくのかもしれないが基本的に実演販売師の術に変わりはなく、実演販売師が台本というプログラムを採用しない限り実演販売に機械化はありえないと断言する。

2017年08月25日

実演販売師が販売商品に付属する動画説明(DVD)出演に採用決定

2018年発売予定の最新運動器具の商品説明動画(DVD)に実演販売師の出演が決定した。商品の特徴や新規性のある未公開部分をどこまで消費者に伝えることができるのかが焦点となる。商材の販売を促進させることが専門である実演販売師ではあるが、当該商品に限ってはかなり難題であると言わざるを得ない状況と説明する。

2017年08月24日

商標「実演販売士」 拒絶確定。

特許庁は平成29年7月14日、登録しようとした商標「実演販売士」について再三精査の結果拒絶査定を確定した。 (商願2016-081742) その理由としては、国家資格に「販売士」という資格があり、「士」という意味合いがあたかも国家に係る資格に誤認する可能性があるとした。 販売士という国家資格があるのに実演であるか否かの問題だけで「士」を与えることはできないという判断だ。また特許庁プラットフォーム(図書館)で検索できる内容はあくまでも現段階のものであり、仮に以前出願されていたとして拒絶査定になった出願はプラットフォームから消えてしまうという。また特許庁としては今後何人たりとも商標として「実演販売士」を付与することはないので誰でも「実演販売士」という文言(肩書き)を使用しても問題はないと断言した。昨今密かに社会問題化する肩書き詐称による事件がさらに増加しないよう対策が必要である。

2017年07月14日

ウェアラブル実演販売師

実演販売師は実演販売の定義を覆すウェアラブルシステムを採用した実演販売方法を企画している。
現段階では実演販売とウェアラブルとの融合性について詳細は非公開であるが、少なくとも現代の若者たちが自らの個性を生かし、積極的に取り組むことができるだけでなく、多くの雇用が生まれることは間違いないだろうと断言した。

2017年05月04日

最新男性ストレッチ器具2018/販売確定。

2018年発売予定のストレッチ器具が実用化に向けて始動した。この器具は以前から考案者により積極的に市場に出すべきであり必ず社会貢献にもなると断言していた。しかし考案者の体調不良が原因で知的財産権の設定が遅れていた。今後実演販売師はこの器具の販売、解説などを積極的に行なうことで決定した。

2017年04月06日

スマホアプリ通信販売革命:実演販売師

実演販売師ドットコムは本年10月コンピューターグラフィックスによるアバターを応用した実演販売の企画に入ることを決定した。この企画の狙いは、昨今盛んなスマートフォンなどのアプリによる通信販売革命である。従来から存在する某ソフトウェアを使用することで、このソフトウェアの有能性も併せてアピールしたい狙いがあるという。

2017年04月03日

実演販売師とアプリ界の融合について

現在スマートフォンアプリケーションを中心に考察、開発するチーム(ゼロテック)は、2020年ごろには静止画で商品を選択して通信販売を行うシステムはなくなるだろうし、仮に存在しても利用者が急減し過疎化するだろうと指摘する。その理由には昨今の端末事情にあるという。一昔前では一私人が所有している端末のスペック(仕様、性能)が低く、普及台数が少なく性能も疎らであった。当時から高画質の静止画や動画を提供する企業は存在していたものの、それに対応できるだけの端末を所有している一般人が極めて少なかった。しかし昨今の端末事情は十分すぎるくらいの性能を備えており、端末を開発するメーカーも端末に備わるカメラなど、他の機能について力を入れることができる余裕が窺える。つまり以前は受信する側の問題で、いくら高度なシステムや方法を検討しても需要がなかった。しかし現在はその状況が反転した。つまりアイデアやシステムがアプリ化できるだけでなく、端末のスペック向上と一人一台の端末所有により、正確に需要が見込める時代が到来した現実を認めざるを得ない状況があるという。今後実演販売師は、このゼロテックチームのアプリ界についても研究課題として取り入れてゆくことを決定した。

2017年03月29日