佐川氏が影響否定

国有地売却に関する決裁文書改ざん問題を巡る27日の参院予算委の証人喚問。当時財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官は、安倍晋三首相が昨年2月の衆院予算委で「私や妻が国有地売却に関与していれば首相も国会議員も辞める」と答弁したことが、その後の自身の国会答弁に影響したかどうかについて「あの総理答弁の前と後ろで、私自身が答弁を変えたという認識はありません」と影響を否定。

2018年03月27日