商標と役務

広告業,トレーディングスタンプの発行,実演販売による商品の販売に関する情報の提供,インターネットにおけるウェブサイト上の広告用スペースの提供及びそれに関する情報の提供,インターネットによる商品の売買契約の媒介又は取次ぎに関する情報の提供,インターネットによる商品の実演販売による売買契約の媒介又は取次ぎに関する情報の提供,販売促進のための懸賞・コンテストの企画・運営及び開催に関する情報の提供,実演販売による販売促進のための懸賞・コンテストの企画・運営及び開催に関する情報の提供,小売販売店の設立又はメールオーダー小売販売事業並びにオンライン上における小売販売事業を行うための情報・助言及び支援に関する情報の提供,実演販売による小売販売店の設立又はメールオーダー小売販売事業並びにオンライン上における小売販売事業を行うための情報・助言及び支援に関する情報の提供,見本市の企画・運営及び開催に関する情報の提供,実演販売による見本市の企画・運営及び開催に関する情報の提供,商品の販売ランキング又は販売に関する情報の提供,実演販売による商品の販売ランキング又は販売に関する情報の提供,インターネットを利用したオークションの企画・運営・開催,実演販売によるインターネットを利用したオークションの企画・運営・開催,広告用ビデオの制作,インターネットによる広告,電子メールによる広告,その他の広告,郵便による広告物の配布,その他の広告物の配布,コンピュータによる顧客管理,広告用具の貸与,実演販売に係る広告用具の貸与,アンケート調査に関する情報の提供,実演販売によるアンケート調査に関する情報の提供,他人の小売店のウェブサイトにリンクしているオンラインショッピングモールの運営による他人の商品・役務の販売促進・提供促進,実演販売による他人の小売店のウェブサイトにリンクしているオンラインショッピングモールの運営による他人の商品・役務の販売促進・提供促進,求人情報の提供,ショッピングモールの商品・役務の販売促進・提供促進,実演販売によるショッピングモールの商品・役務の販売促進・提供促進,実演販売を含む経営の診断または経営に関する助言及びこれに関する情報の提供,

商標ニュース

特許庁は平成29年7月14日、登録しようとした商標「実演販売士」について再三精査の結果拒絶査定を確定した。 (商願2016-081742)

その理由としては、国家資格に「販売士」という資格があり、「士」という意味合いがあたかも国家に係る資格に誤認する可能性があるとした。 たしかに販売士という国家資格があるのに実演であるか否かの問題だけで「士」を与えることはできないという判断だ。また特許庁プラットフォーム(図書館)で検索できる内容はあくまでも現段階のものであり、仮に以前出願されていたとして拒絶査定になった出願はプラットフォームから消えてしまうという。また特許庁としては今後何人たりとも商標として「実演販売士」を付与することはないので誰でも「実演販売士」という文言(肩書き)を使用しても問題はないと断言した。

商標ニュース(SNS)